社会福祉法人 京都育成の会

社会福祉法人 京都育成の会

西寺育成苑(多機能型)

笹原 優彦/マネージャー西寺育成苑(多機能型)・2018年入職 中途採用

【これまでの職歴と資格取得】
職歴は、大学卒業後すぐに授産施設のオープニングスタッフとして、そこで12年間支援員(当時は指導員)やサービス管理責任者として利用者と共に農作業や食品製造販売をしていました。その後、医療法人系列の身体障害者入所施設にて介護職として入職し、相談員、サービス管理責任者として7年半勤務を経て、こちらの法人へ転職しました。

資格は、働き始めて2年目に社会福祉士を取得、就労分野と生活分野のサービス管理責任者を修了。

【現在の仕事内容と特に力を入れていること】
現在は、利用者に対しての直接支援よりも、職員への助言や業務の調整が主な仕事内容となっています。また就労継続支援B型のサービス管理責任者としても支援計画書に基づいた支援がなされているか等の確認や支援に対する助言を行っています。

特に力を入れていることは、利用者支援を適切に行うことができるよう職員への助言と働きやすい環境づくりです。また、より良い支援に結びつくよう職員の知識と経験に基づく専門性をいかに高めていくかを考えています。

【今の職場の魅力と課題について】
職場の魅力は、利用者の意欲と笑顔が見られることです。利用者はどのような活動に関しても意欲的に取り組み、できた時の笑顔はこちらまでも笑顔にさせてくれます。そういった意欲をいかに持ってもらうか、笑顔に結びつけるお手伝いができることが魅力と思います。

課題はたくさんあります。しかし課題があることでそれを一つひとつクリアしていくことができれば、職場自体のレベルアップに繋がると思いますのであきらめることなく取り組んでいます。

入職を考えている方へのメッセージ

「社会福祉従事者の地位の向上」という壮大な目標はありますが(笑)、日々利用者と共に笑顔で出来るだけ長く勤められることが目標です。
利用者の生活を支える仕事をするためには、それだけの知識が必要になります。資格も必要ですが、日々何かを学ぼうという意欲が必要な仕事と思いますので、福祉の現場で働こうと思われる方は、意欲をいかに持ち続けるか考えていただければと思います。

西寺育成苑(デイサービス)

萩原 宏/マネージャー西寺育成苑(デイサービス)・2015年入職 中途採用

【これまでの職歴と資格取得】
本法人に入職したきっかけは、入所施設での勤務において体力面での将来の不安を感じたので日中支援の法人を探していました。西寺育成苑は生活介護・就労継続支援B型があり、自身のこれまでの経験を充分に活かせると思い応募しました。

こちらに入職する前の就労継続支援B型の事業所では、サービス管理責任者と管理者を兼務し、売上管理や商品開発、販売先の開拓などを担っていました。

資格は、介護福祉士を持っています。

【現在の仕事内容と特に力を入れていること】
現在はデイサービスのマネージャーをしており、利用者の方には安心して毎日楽しく過ごしていただけるようサービスを提供しています。また共に働く職員に対しても、無理なく働ける環境づくりに力を入れています。

【今の職場の魅力と課題について】
これまで働いていた職場に比べ、支援員を手厚く配置されているので余裕を持って支援にあたることができます。有給休暇も取りやすい環境です。人事考課制度により無理なく自身のステップアップができると思います。

課題に関しては、現在法人内には日中活動の事業所しかないため更なるサービスの充実が必要だと思います。

入職を考えている方へのメッセージ

少なからず障害福祉で働いてきましたので、若手職員の方に少しでも今までの経験で得たものを伝えていければと思います。

西寺育成苑(多機能型)

原 基/主任兼相談支援専門員西寺育成苑(多機能型)・2004年入職 中途採用

【本法人に入職したきっかけ】
大学で臨床心理学を学び、ボランティアで不登校の子供たちと関わる経験があり、人と関わる仕事で活かすことができるのではないかと考えて、応募しました。その結果採用していただいて現在に至ります。

【現在の仕事内容について】
現在は相談支援専門員として働いています。利用者の中には本人の思いや希望を表現することが難しい方もおられます。そういった方の思いや希望に少しでも近づけることができるように、本人や家族の立場から考えることを意識しています。

【今の職場の魅力について】
利用者さんが生活を送る上で様々な問題やトラブルが起こった時に、その人を支える関係機関と相談しながら一つのチームとして対応し、解決できた時はうれしく思います。何よりも担当する方が日々笑顔で生活されている姿を見ると、やっていてよかったなあと実感します。

入職を考えている方へのメッセージ

本人やご家族の願いに近い生活が送ってもらえるようなサービス等利用計画をつくるためには、様々な知識が必要になってくるので、色々なところにアンテナを張って情報を収集しています。

京都市よしだ学園

中島 寿珠/支援員京都市よしだ学園・2019年入職 中途採用

【これまでの職歴と資格取得】
私は大学で福祉を専攻した後、児童養護施設にて2年、障がい児・者の在宅訪問介護にて8年ほど働いていました。その後、社会福祉士、介護福祉士の資格を取得し、御縁いただき入職いたしました。

西寺育成苑(多機能型)にて1年間生活介護(生活訓練班)にて勤務、現在京都市よしだ学園に異動してもうすぐ2年となります。

【現在の仕事内容と特に力を入れていること】
京都市よしだ学園ではお菓子の箱折りやお菓子詰めなどの作業がメインとなっております。私が令和2年度に異動してから利用者さんのお力を借りて手芸部を立ち上げました。

現在、利用者さんの絵を業者へ依頼し布に印刷、それを用いてガマ口財布やブックカバー、きんちゃく袋などを製作しております。また利用者さんの絵を使ったポストカード、キーホルダーも作っており、魅力ある自主製品の販売のために日々頑張っております。

【今の職場の魅力と課題について】
縦も横もなくフランクに相談できる職員の関係があり、悩み事をため込まずに解決できるところがとても良く、利用者さんにとってもより良い環境に繋がっていると思います。自主製品の新作を考えるアイデアが次々とは出て来ず、もっと自由な発想力が欲しいと思っています。

入職を考えている方へのメッセージ

日々、迷いと悩みの連続ですが、一人で溜め込まず、職場で小さなことでも相談し、風通しの良い雰囲気になるように気を付けています。
自主製品では新作づくりのため常にアンテナを張り、一つでも製品につながるようにいろんな可能性にワクワクしながら利用者さんとチャレンジしています。試作品の段階での失敗はたくさんありますが、利用者さんの笑顔に癒され明日へのエネルギーをもらっています。
一緒に笑ってよしだ学園のストーリーを作ってみたい方が入職して下さるととても心強いです。

京都市よしだ福祉工場

佐藤 結美/支援員京都市よしだ福祉工場・2019年入職 中途採用

【これまでの職歴と資格取得】
以前は高齢者施設で勤務、介護福祉士と社会福祉主事の資格を取得するため当施設にて実習でお世話になったことがきっかけでした。

その際に担当してくださった支援員と利用者の方々の印象が強く、知的障害者支援に強く興味を持ち、卒業後声をかけていただき入職いたしました。

【現在の仕事内容と特に力を入れていること】
現在は官公庁での清掃業務です。

利用者の方が一般就労を目指せるようモチベーションを上げられる声掛けや社会人としての基本的なマナーを身に付けられるよう支援をいています。

【今の職場の魅力と課題について】
利用者の方との距離も近くコミュニケーションが取りやすいことです。
また希望する研修参加について聞いていただけます。

課題は職員1人での現場なので疑問等が生じた時にすぐに相談できる先輩がいないことです。

入職を考えている方へのメッセージ

一人でも多くの利用者の方の自立に向けた支援のため経験を積み成長していきたいです。
また、障害者支援を目指す学生に対して実習を通じて福祉の魅力を伝えることができればと思います。

西寺育成苑(多機能型)

吉田 誠/支援員西寺育成苑(多機能型)・2020年入職 中途採用

【本法人に入職したきっかけ】
特別養護老人ホームで事務職と介護職を合わせて9年。通所型の障がい者施設で1年。
京都に移り住んで認知症型デイサービスセンターを経験したのちに今に至ります。

在職中に介護福祉士の資格を取得したのとこれまでの経験を活かせるのではないかと思いました。

【現在の仕事内容について】
利用者さんの作業の確認をしつつ、能力の底上げをしていっております。一人一人の可能性を探りつつ広げていければと思っています。

入職を考えている方へのメッセージ

仕事で学んでいくことは今現在の仕事の時だけでなく、どこかで活きてくるので日々勉強になると思います。

西寺育成苑(デイサービス)

大原 勇希/支援員西寺育成苑(デイサービス)・2021年入職 中途採用

【これまでの職歴と資格取得】
前職はゲームのデバッグ(コンピュータプログラムのバグを取り除くこと)の管理業務を担当していました。現在の福祉職とは一見関係性がないように思われるかもしれませんが、そこでは30名以上のチームで1つのプロジェクトを進めており、そこで培ったコミュニケーション能力やチームワークは今の職場でも活かせているのではないかと思います。

【現在の仕事内容と特に力を入れていること】
現在の仕事は、デイサービスの支援員として利用者さんの食事・入浴・トイレ介助や支援計画を立て、利用者さんと設定した目標を達成できるように支援を行っています。会議では日々の支援内容を振り返り、課題について検討しています。また、夏まつりやクリスマスなどの季節行事に向けて、イベント企画もします。

特に力を入れていることは、利用者さんの立場になってコミュニケーションを取ることです。どのように声掛けをしたらレクリエーションなどに参加し楽しんでいただけるか、日々の関わりの中で模索を続けています。

【今の職場の魅力と課題について】
利用者さんとの適切な関係性、職員同士が話しやすいところは魅力だと思います。分からないところがあれば相談もしやすく、一人で抱え込むこともほとんどありません。課題としては、会議で自身の考えを積極的に発言できていないところです。日々の支援における情報共有が足りていない部分もあるので、情報交換を緊密にしていきたいです。

入職を考えている方へのメッセージ

私は入職して1年と日も浅く、福祉業界も初めてなのでまだまだ専門的知識も足りていないと感じています。経験を重ね、介護福祉士などの資格取得を目標としています。
福祉業界が初めての私ですが、業務に集中するところと楽しむところはメリハリをつけて働けているので、ご興味のある方は一度こちらに見学や体験に来られてはいかがでしょうか。一緒に働ける時を楽しみにしています。

西寺育成苑(多機能型)

稲田 寛孝/支援員西寺育成苑(多機能型)・2021年入職 中途採用

【これまでの経歴と本法人に入職したきっかけ】
9年間老人福祉施設で介護福祉士として働いていました。前職では夜勤や変則勤務がありました。入職のきっかけは働く時間や祝日、通勤時間等の働く環境の見直しと、福祉分野への幅広い知識や技術の習得です。

【現在の仕事内容について】
西寺育成苑(多機能型)の生活介護において支援員として働いています。生活介護は自立課題や作業を行いながらウォーキング・美化活動・スポーツ・創作活動などを行っています。

また、利用者をグループ分けして運動・筋力トレーニング・生活スキル・室内活動など、その方に必要だと思われる活動を取り組んでいます。

【今の職場の魅力について】
休みが取りやすく、子育てをしながら働きやすい職場です。

【自身の目標】
障がい特性などの知識を習得しながら、利用者一人ひとりの性格や行動等を把握してその方にあった対応が出来る職員になりたい。

ページトップ